遊戯王プレイヤーの為の情報サイト!

遊戯王沖縄ピケル通信トップロゴ

宝玉獣サファイア・ペガサス

はいさい、こんにちは!!当サイト管理人のりょうです。(・∀・)

今回は私が大好きな宝玉獣デッキのキーカード

宝玉獣 サファイア・ペガサスについて考察します。

私的には遊戯王の数あるデッキの主力モンスターの中で

1番使いかってのいいモンスターだと思っていますww

まずは画像とテキストを確認していきましょう。

宝玉獣 サファイア・ペガサス画像・テキスト

宝玉獣 サファイア・ペガサス

効果モンスター

星4/風属性/獣族/攻1800/守1200

このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時、

自分の手札・デッキ・墓地から「宝玉獣」と名のついたモンスター1体を

永続魔法カード扱いとして自分の魔法&罠カードゾーンに

表側表示で置く事ができる。

このカードがモンスターカードゾーン上で破壊された場合、

墓地へ送らずに永続魔法カード扱いとして

自分の魔法&罠カードゾーンに表側表示で置く事ができる。

ステータスについて

風属性レベル4モンスターなので強力な効果を持つ

《電光千鳥》のエクシーズ素材にすることができます。

また獣族モンスターなので《エアーズロック・サンライズ》

墓地から蘇生することができます。

攻撃力も1800と下級モンスターとしては高めで戦闘面でも優秀です。

効果について

前半の効果は、召喚・反転召喚・特殊召喚のいずれに成功した時でも

手札・デッキ・墓地の任意の場所から

宝玉獣モンスター1体を永続魔法扱いとして

フィールドに置く事ができる誘発効果です。

対象をとらない効果で、効果解決時にどこからどの宝玉獣モンスターを

永続魔法化するか決定します。

相手にカードをチェーン発動されて妨害されないように

しっかりと把握しておきましょう。

また、ダメージステップ中に特殊召喚された場合でも効果を発動できますので

《宝玉の集結》の効果及び、《宝玉の集結》の効果で特殊召喚した

《宝玉獣 ルビー・カーバンクル》の効果で特殊召喚に成功した時でも

問題なく効果を発動することができます。

後半の効果はモンスターカードゾーン上で破壊された場合、

墓地へ送らずに永続魔法カード扱いとして

自分の魔法&罠カードゾーンに表側表示で置く事ができる

チェーンに乗らないルール効果です。

チェーンに乗らない効果なので無効にされることはなく

《マクロコスモス》が発動していても永続魔法化することができます。

しかし《スキルドレイン》が発動している時には

永続化することはできずそのまま墓地に送られます。

使い方

デュエル序盤では基本的にデッキ内の2枚目・3枚目の

宝玉獣 サファイア・ペガサスを永続魔法化することが

主流になります。

デュエル中盤は手札やフィールドに応じてプレイングが変わりますが、

基本的には墓地に落ちた《宝玉獣 サファイア・ペガサス》

デッキ内・墓地の《宝玉獣 ルビー・カーバンクル》を永続魔法化します。

宝玉獣においては《宝玉獣 サファイア・ペガサス》

いかに早くフィールドに出し

効果を使い回すかが重要になってきます。

そのため、デッキから持ってくる手段として

《召喚僧サモンプリースト》《宝玉の先導者》

《宝玉の集結》などを多く採用してもいいと思いますし、

《成金ゴブリン》等のデッキ圧縮カードも採用したほうが良いと思います。

また、蘇生カードを多く採用しているなら《おろかな埋葬》

《虚空海竜リヴァイエール》をエクシーズ召喚しやすい構築なら

《封印の黄金櫃》も採用圏内です。

とにかくどんな手段でもいいので素早くフィールドに出せるようにしましょう。

《宝玉獣 サファイア・ペガサス》を使い回す手段としては

などが優秀です。

特に《宝玉獣 ルビー・カーバンクル》は複数の《宝玉獣 サファイア・ペガサス》

永続魔法化している状態でを特殊召喚することにより

莫大なアドバンテージを稼ぐことができます。

《宝玉の契約》《宝玉獣 サファイア・ペガサス》の効果と抜群に相性が良く

魔法カードなのですぐに使用でき、発動条件が軽いので事故も起きにくいので

宝玉獣サポートカードの中でも1番使いやすいカードです。

《エアーズロック・サンライズ》を採用すると除去を受けた後のリカバリーができ

《宝玉獣 サファイア・ペガサス》を素材としてエクシーズ召喚しやすくなります。

《宝玉の集結》《宝玉獣 サファイア・ペガサス》をデッキから特殊召喚できるうえ

除去から守ったり、再利用したりしつつ

自分・相手、モンスター・魔法・罠を裏表問わず

もう1枚カードをバウンスできる優秀なカードです。

上記したように《宝玉獣 サファイア・ペガサス》

デッキから持ってくるカードと、

持ってきた後に使いまわすカードのバランスを考慮して

上手に使用して下さいね。

それでは今日はここまで。まったね(・∀・)