遊戯王プレイヤーの為の情報サイト!

遊戯王沖縄ピケル通信トップロゴ

簡易融合インスタントフュージョンの使い方色々

はいさい、こんにちは!!遊戯王沖縄ピケル通信管理人のりょうです。(・∀・)

私が遊戯王に復帰してデュエルするようになって

自分も遊戯王をしてみたいという友達が増えてきたので

今日からカード考察は初心者に優先的に覚えてほしい

採用率の高い人気カードを考察していこうと思います。

ということで今回は簡易融合です。

《旧神ノーデン》が登場してからは

もはやどのデッキにも必ずと言っていいほど

採用されるカードになりましたね。

簡易ノーデンと言われるほど

簡易融合=《旧神ノーデン》のイメージがありますが、

《旧神ノーデン》が登場する前から強いカードであり、

《旧神ノーデン》を特殊召喚する以外にも

色々な使い方がありますので紹介していきたいと思います。

それを待っていた!

簡易融合画像・カードテキスト

簡易融合

通常魔法(制限カード)

「簡易融合」は1ターンに1枚しか発動できない。

(1):1000LPを払って発動できる。

レベル5以下の融合モンスター1体を

融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。

この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、

エンドフェイズに破壊される。

効果説明

まずは初心者にもわかりやすいように効果の説明をさせていただきます。

しっかり効果を把握されている方は次の項目まで進んでくださいね。

まず「「簡易融合」は1ターンに1枚しか発動できないという効果。」

2015年8月現在《簡易融合》は制限カードに指定されているので

忘れられがちですが、

《魔法石の採掘》《イビリチュア・マインドオーガス》等の

魔法カードを再利用できるカードを使用する場合には

しっかり覚えておきましょう。

次に(1)の効果ですが、まず「1000LPを払って発動できる」というのは

《簡易融合》を発動する為のライフコストですので、

ライフポイントが1000以下の場合は発動できません。

そして1番重要な部分

レベル5以下の融合モンスター1体を

融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する効果。

レベル5以下の融合モンスターを特殊召喚可能で

融合モンスターは融合召喚扱いで特殊召喚されるので

1度フィールドに特殊召喚した後は

《死者蘇生》などで蘇生させることが可能です。

基本的には好きなレベル5以下の融合モンスターを特殊召喚できますが、

「このカードの融合召喚は上記のカードでしか行えない。」と

テキストに記載されている融合モンスターは特殊召喚できません。

最後に「この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、

エンドフェイズに破壊される」効果です。

攻撃もできず破壊されるのですが

逆に言えばそれ以外のことは何でもできるので

そこを上手く利用することがポイントになります。(後述)

だが それが 何か問題あるかね?

使い方色々

ここから上手な の使い方を考察していきます。

実用的なものからネタまで幅広く書いていこうと思います。

リリースする

特殊召喚したモンスターはリリースすることも可能なので

それを利用します。

上級モンスターのリリース召喚のコストはもちろん

儀式召喚やモンスター・魔法・罠の

効果・コストとしてもリリースできますので

《ダーク・ダイブ・ボンバー》《エネミーコントローラー》

《水霊術-「葵」》など数多くのカードと併用できます。

墓地に送る

フィールド上のモンスターを墓地に送ることで

特殊召喚できるモンスターのサポートとして墓地へ送ることができます。

《アルカナフォースEX-THE DARK RULER》

《アルカナフォースEX-THE LIGHT RULER》

憑依装着シリーズを特殊召喚する場合におすすめです。

モンスターの効果やコストとして墓地に送ることもできまので、

《アルカナフォースXXI-THE WORLD》

《アテナ》《レインボー・ネオス》の効果をサポートできます。

魔法・罠だと採用率の高い

《マスク・チェンジ・セカンド》《ワンダー・ワンド》

《馬の骨の対価》《戦線復活の代償》などと併用することができます。

破壊する

スクラップシンクロモンスターを筆頭に

《EMペンデュラム・マジシャン》《トライデント・ドラギオン》

《光帝クライス》等の破壊対象にすることで効果をサポートできます。

その際《重装機甲 パンツァードラゴン》を破壊すると効果的です。

手札に戻す

《獣神ヴァルカン》《ハーピィ・ハーピスト》等の

効果のサポートとして手札に戻すことができます。

あとは《時械神メタイオン》のダメージのかさ増しとか(笑)

除外する

《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》《創星神 sophia》

《異次元の精霊》等の特殊召喚をサポートできます。

また、《サイバー・ヴァリー》の効果で除外してドローすることもできます。

送りつける

《強制転移》《死のマジック・ボックス》

《鹵獲装置》等で融合モンスターを送りつけます。

《簡易融合》で特殊召喚した融合モンスターは

エンドフェイズに破壊されるので相手に利用されにくいです。

《重装機甲 パンツァードラゴン》を送りつけると破壊効果も使用できます。

カードの発動条件を満たす

多少強引ですが《激流葬》《スクラップ・シャーク》等の

カードの発動条件を満たす目的としても使用することができます。

おすすめ融合モンスター

ここからは《簡易融合》で特殊召喚できる融合モンスターの中で

筆者が特に使いやすいと思うものを紹介していきます。

《旧神ノーデン》以外はネタに思えるかも知れませんが

参考までにどうぞ!

《旧神ノーデン》

旧神ノーデン

《簡易融合》で特殊召喚できる融合モンスターの筆頭。

様々な用途で使用できますが、今回の考察の目的は

《旧神ノーデン》以外の活用法」なので割愛させていただきます。

《重装機甲 パンツァードラゴン》

重装機甲パンツァードラゴン

《旧神ノーデン》についでおすすめなのが

この《重装機甲 パンツァードラゴン》です。

通称パンツ!

破壊され墓地へ送られた場合、フィールドのカード1枚を破壊することができます。

《簡易融合》をモンスター・魔法・罠問わず破壊できる

万能除去の様な感覚で使用することができます。

エクシーズの補助として使用する場合、

レベル5・光属性を活かして

サイバーやセイクリッドで採用することができます。

特にデッキのほとんどがレベル5・光属性モンスターを中心に構築される

アーティファクトとは抜群に相性が良く

《旧神ノーデン》よりも優先的に採用してもいいと思います。

シンクロ召喚のサポートとしては

シンクロ素材に機械族モンスターを指定している

《カラクリ大将軍 無零怒》等をシンクロする際に

とても役立ちます。

《カオス・ウィザード》

カオス・ウィザード

魔法使い族を中心としたデッキで使用します。

シンクロモンスターやエクシーズモンスターには

魔法使い族を素材に指定するものも多く、それらの特殊召喚をサポートできます。

《ワンダー・ワンド》《ミラクルシンクロフュージョン》とも相性がいいです。

デッキによって《音楽家の帝王》と使いわけて下さい。

《ナイトメアを駆る死霊》

ナイトメアを駆る死霊

レベル5・アンデットモンスター。

ヴァンパイア等のレベル5アンデット族モンスターを軸としたデッキで使用します。

リリース召喚やエクシーズ召喚の補助はもちろんですが、

《馬頭鬼》《生者の書-禁断の呪術-》等の

蘇生カードで蘇生させることにより真価を発揮します。

相手プレイヤーに直接攻撃する事ができ、

直接攻撃に成功した場合、相手はランダムに手札を1枚捨てる

という非情に強力な効果を持っています。

また、戦闘によっては破壊されないので、

相手次第では続けてハンデスすることができ、

とてもアドバンテージを取りやすいカードです。

あまり過信はできませんが、

劣勢時には守備表示で壁としても使用することもできます。

融合素材の《魂を削る死霊》は元制限カードであり、

《ナイトメアを駆る死霊》はその完全上位互換なので

強さの証明としては十分だと思います。

《フュージョニスト》

フュージョニスト

レベル3・地属性・獣族モンスター。

レベル3のエクシーズ召喚、特に

《銀嶺の巨神》《メリアスの木霊》

エクシーズ召喚をサポートできます。

どちらも強力な効果を持っているので実用性があると思います。

シンクロ召喚サポートとしては

強力な効果を持つ《ナチュル・ビースト》《ナチュル・パルキオン》

もちろん獣族モンスターを素材に指定している

シンクロモンスターもシンクロ召喚することができます。

ライフコストは厳しいですが、

エンドフェイズに破壊される効果を利用して

《森の番人グリーン・バブーン》を特殊召喚できます。

他にはフィールド上に獣族モンスターがいないと効果を発動できない

《コアラッコ》《ラッコアラ》の効果サポートや

《百獣王ベヒーモス》のリリースコスト、

《恐牙狼 ダイヤウルフ》の破壊対象にすることもできます。

《カルボナーラ戦士》

カルボナーラ戦士

レベル4・地属性・戦士族モンスター。

シンクロ召喚に使用する場合はやはりシンクロ先は

ナチュルシンクロモンスターが最有力候補だと思いますので

上記した《フュージョニスト》と使いわけるといいと思います。

エクシーズ召喚サポートとしては

《No.86 H-C ロンゴミアント》《H-C エクスカリバー》

《H-C ガーンデーヴァ》《機甲忍者ブレード・ハート》等を

サポートすることができます。

上記の理由から《カルボナーラ戦士》を採用する場合は

地属性チューナーを採用しているデッキや

レベル4戦士を採用しているデッキがおすすめです。

《レア・フィッシュ》

レア・フィッシュ

レベル4・水属性・魚族の融合モンスター。

《水霊術-「葵」》《フィッシャーチャージ》

《光鱗のトビウオ》の発動条件としてリリースすることができます。

水属性デッキには上級モンスターを使用するデッキも多いので

リリース召喚のコストとしても使用できます。

シンクロ召喚サポートとしては

《氷結界の虎王ドゥローレン》《氷結界の龍 グングニール》

エクシーズ召喚サポートとしては

《バハムート・シャーク》等をサポートできます。

《マブラス》

マブラス

レベル4・風属性・鳥獣族の融合モンスター。

《ゴッドバードアタック》《スワローズ・ネスト》

リリースコストとして使用できます。

強力な効果を持つ《電光千鳥》の素材に出来るので

風属性レベル4モンスターを軸とするデッキで採用できます。

シンクロ素材としては

ドラグニティのシンクロモンスターに対応しています。

《エルシャドール・ミドラーシュ》

エルシャドール・ミドラーシュ

シャドールでは自分の墓地の

「シャドール」魔法・罠カード1枚を手札に加えることができます。

自壊するのを待たずに

《マスク・チェンジ・セカンド》等で墓地に送ることで

《影依融合》等をすぐに回収することができます。

1ターンに1度しか特殊召喚できなくなる効果を活かし

バトルフェイズに入る前に特殊召喚しておけば

リクルーターからリクルーター、

《Emトリック・クラウン》からの《H・C サウザンド・ブレード》

《冥府の使者ゴーズ》からのカイエントークンなどの

特殊召喚を阻害することができます。

《デストーイ・チェーン・シープ》

デストーイ・チェーン・シープ

戦闘、効果に破壊された時に蘇生できるので

除去されにくく単体では扱いやすいです。

蘇生カードを多く採用しているデッキではありかと。

《おジャマ・ナイト》

おジャマ・ナイト

おジャマデッキや《No.57 奮迅竜トレスラグーン》

相手モンスターゾーンを封じたい場合に!

《竜魂の幻泉》を使えば

相手ドローフェイズに守備表示で特殊召喚することができます。

まとめ

上記したように《簡易融合》《旧神ノーデン》を使用しなくても

様々な使い方ができます。

ただ、ぶっちゃけて言いますと

《旧神ノーデン》でモンスターを蘇生させれば

事足りるというか、そうしたほうがいい場合がほとんどです(泣)

でも《旧神ノーデン》を持っていない方も多いと思いますし、

その方々のお役にたてればと思います。

もしかしたら近いうちに《旧神ノーデン》禁止になるかもしれないし(笑)

(それだったら《簡易融合》かな?)

《旧神ノーデン》値段が高いんですよね。

禁止になるか再販されるかすればフェアなんですけどね。

こ これは よい子の皆さんにはいささか値段が高すぎましたかね。

それでは今日はここまで。まったね(・∀・)