遊戯王プレイヤーの為の情報サイト!

遊戯王沖縄ピケル通信トップロゴ

妨害カードを採用する時に考えること

  • 天罰 エフェクト・ヴェーラー 激流葬 デモンズ・チェーン スキルドレイン 幽鬼うさぎ ブレイクスルー・スキル 禁じられた聖杯

遊戯王で妨害カードを採用する理由を考える

はいさい、こんにちは!!遊戯王沖縄ピケル通信管理人のりょうです。(・∀・)

私はよく友達のデッキ診断や構築のお手伝いを頼まれるのですが、

その際によく

何故この妨害カードを採用しているのか?」と言う質問をします。

というのも、明確な理由もなく妨害カードを採用している人が非常に多いんです!

もちろん除去ガジェットやラギアなどの

妨害カードを使用して相手をコントロールしながら戦うといった

コンセプトのデッキであれば問題ないですし、

《ハーピィの羽根帚》《ブラックホール》

相手がよほど特殊なデッキでもない限り

かなり高確率でアドバンテージを稼げるカードなのでいいとして、

それら以外で妨害カードを採用している場合に

何故この妨害カードを採用しているのか?」と質問をすると

・デッキの枠が余ってたから

・強いカードだから

・環境で流行っているから

・相手を止めないとデッキを回されるから

・とりあえず、なんとなく

と言った答えがびっくりするほど多く返ってきます。

あん?何言ってんだお前?

私が質問しているのは

何故他のカードじゃなくこのカードじゃないと駄目なのか?」です。

少しわかりにくいと思うので詳しく説明していこうと思います。

類似カードとの差別化を考える

例えば、相手フィールド上のモンスター効果の発動を妨害する目的で

《ブレイクスルー・スキル》を採用しているとします!

一口に相手の効果を妨害するカードと言ってもたくさんのカードがありますが

その中でも《ブレイクスルー・スキル》を選んだ理由は何でしょうか?

  • 《激流葬》なら誘発効果は止めれませんが、
  • 起動効果であれば効果発動前に破壊できますし、
  • 相手フィールドを一気に除去できます。
  • 《デモンズ・チェーン》なら攻撃も止めれますし、
  • 永続罠なのでプレアデス等で再利用することができます。
  • 《天罰》なら効果を無効にして破壊もできますし、
  • スペルスピード3なのでチェーンもされにくいです!
  • 《スキルドレイン》なら破壊されない限り
  • フィールド上のモンスター効果を全て無効にできます。
  • 《禁じられた聖杯》は速攻魔法なので手札からチェーンしたり、
  • ダメージステップに発動したり、自分モンスターに発動したりと
  • 柔軟なプレイングができます。
  • 《エフェクト・ヴェーラー》なら先行1ターン目でも効果も無効にできます。
  • 《幽鬼うさぎ》なら効果を無効にはできませんがモンスターを破壊できるし、
  • 魔法・罠にも対応することができます。

採用率の高いカードでもこれだけ類似効果のカードがありますし

他にも類似効果のカードはたくさんありますので

その中で《ブレイクスルー・スキル》

採用した理由を知りたいのです。

  • ・フィールドで発動する効果はフリーチェーンであること
  • ・破壊を含まない効果であること
  • ・墓地でも効果が発動すること
  • ・墓地で発動する効果がカードの発動ではなく効果の発動であること

などの特性をしっかり理解した上で更に

自分のデッキの性質とあっているかを考えてほしいのです。

笑止。

例えばライトロードで《ブレイクスルー・スキル》を採用する理由として

などの明確な採用理由や

・デッキから墓地に落ちても効果を発動することができる

《ライトロード・サモナー ルミナス》 の手札コストとしても利用できる

《スキルドレイン》は自身も無効にするからライトロードだと身動きが取りづらい

・ライトロードを使用していると相手が《M・HERO ダーク・ロウ》

 《マクロコスモス》を使用してくる可能性が高いので、

 それらがあると効果を発動できない

 《エフェクト・ヴェーラー》《幽鬼うさぎ》は採用しない

など他のカードとの差別化もできているとGoodだと思います。

少しでも勝率を上げたいのであれば、カード1枚1枚の明確な採用理由を

しっかり考えることが大切だと思いますし、

それがプレイングやサイドチェンジを失敗しないコツだと私は思います。

私としては基本的には妨害カードはサイドチェンジから採用して、

メインデッキは自分のデッキを回すためのカードを

採用したほうがいいと考えています。

俺は・・・俺だ〜っ!!

その理由については

サイクロン3枚サイドデッキ必須論!

成金ゴブリン最強説!3積みのススメの記事も

読んでみてくださいね。

それでは今日はここまで。まったね(・∀・)