遊戯王プレイヤーの為の情報サイト!

遊戯王沖縄ピケル通信トップロゴ

マッチキルとは

はいさい、こんにちは!!遊戯王沖縄ピケル通信管理人のりょうです。(・∀・)

通常、遊戯王においては

デュエルで先に2勝したプレイヤーがマッチ勝者となりますが、

なかにはカード効果によって

マッチに勝利できるカードがあります。

カード効果によるマッチ勝利とは

このカードのコントローラーはマッチに勝利する。」という

カード効果を使用してマッチに勝利することを言いますが、

2015年8月現在で公式デュエルで使用できるカードは

《ヴィクトリー・ドラゴン》のみとなっています。

(その《ヴィクトリー・ドラゴン》現在禁止カードに指定されています。)

それでは現在はマッチキルはできないかと言うと

なかには遊戯王ocgのルールの抜け穴を利用して

マッチキルを狙う戦術やデッキが存在します。

やめて・・・くれ・・・。

このページではマッチキルの方法を知ることで

マッチキルに対する理解を深めるとともに

相手にマッチキルを狙われた時の突破方法を

紹介していきます。

ヴィクトリー・ドラゴン画像・テキスト

ヴィクトリー・ドラゴン

効果モンスター(禁止カード)

星8/闇属性/ドラゴン族/攻2400/守3000

このカードは特殊召喚できない。

自分フィールド上のドラゴン族モンスター3体を

生け贄にして生け贄召喚しなければならない。

このカードの直接攻撃によって相手ライフを0にした場合、

このカードのコントローラーはマッチに勝利する。

遊戯王ocgのルールの抜け穴を利用する戦術

上記したように通常、

遊戯王はデュエルで先に2勝したプレイヤー

もしくはヴィクトリー・ドラゴンの効果を使用して勝利することにより

マッチ勝者となりますが、

なかには遊戯王ocgのルールの抜け穴を利用する戦術があります。

それは

1デュエル目進行中制限時間になりエキストラターン処理を終了し
デュエルの勝敗を確定。

というものです。

簡単に言うと1デュエル目進行中制限時間になった場合

そのデュエルの勝者がマッチ勝者になると言うことです。

要は1勝すればマッチに勝利できるということになります。

これを利用して1デュエル目から制限時間を使い切れば

マッチキルをすることができると言うわけです。

それ ずるじゃん。

本当にそんなことが可能なのかと思う方もいると思いますが、

ほとんどの場合、無限ループというこれまた

遊戯王ocgのルールの抜け穴を利用し可能にします。

具体的には

相手ターンをスキップし続けたり

フィールドを制圧し続けたり

相手が逆転できない程ライフポイントを回復したりします。

後は

自分のターンに3分かけてエンド」を

制限時間まで繰り返すだけです。

無限ループによる相手ターンをスキップは

アルカナフォースXXI-THE WORLDも参考にして下さい。

突破方法

さて、ここまで遊戯王ocgのルールの抜け穴を利用することにより

マッチキルをする方法について書いてきましたが、

私は決してマッチキルを推奨しているわけではありません。

むしろその逆で、万が一相手にマッチキルを狙われた時の

突破方法を知ってほしくてこの記事を書いています。

(《アルカナフォースXXI-THE WORLD》でマッチキルできる

動画とデッキレシピを公開してしまったので。)

貴様!なんのために そんな真似を!?

「そんなこと可能なの?」

と思う方もいるかもしれませんが可能です。

ただし正攻法では突破できません。

ではどうやって突破するのかと言うと

ここでも遊戯王ocgのルールの抜け穴を利用することにより

マッチキルを突破することが可能になります。

目には目をというやつですね

デュエルの勝敗はライフポイントによる勝敗、

特殊勝利による勝敗の他に

ルールによる勝敗というものがあります。

ここまで書けばおおよそ予想がつくと思いますが、

ルールを利用してデュエルに勝利、もしくは敗北します。

ルールを利用してデュエルに勝利を狙う場合は

ジャッジに相手のプレイング等に対するクレームをつけます。

しかし、クレームをつけたところで

なかなかデュエルに勝利することはできませんし、心が痛みます。

なので簡単でスマートにマッチキルを突破するには

ルールを利用してデュエルに敗北することです。

デュエルに敗北する方法はたくさんありますが、

1番有名な方法として

デッキを崩すという方法があります。

ただ、単にデッキを崩してもジャッジによる警告と

デッキシャッフルで終わってしまうかもしれません

(あらゆる罰則・判断はジャッジに委ねられている)ので、

念には念をいれて、手札も落として

デッキと区別つかなくしてしまうのがベストだと思います。

全て壊すんだ

その際、故意にそれをやると失格になってしまうので、

あくまで故意でないという体裁を保つことが大切です。

みんなの注意が別に向いている時にさりげなく行うのが良いですね。

もちろん中にはそこまでしてマッチキルを突破したくない

という方もいるかもしれませんが、

どうしても勝ちたい、こいつにだけは負けたくないと

思うこともあるかもしれませんので、

知っておいて損はないと思います。

そしてもう1つ、デュエルに敗北してどうするのかと

思う方もいると思いますが、

マッチに敗北するよりはデュエルに敗北して次にかけたほうが

少なくとも可能性は残ります。

また、先攻1ターン目にマッチキルを狙うデッキは

それに特化した構築になっていることがほとんどなので、

妨害カードには滅法弱く、サイドチェンジから

手札誘発のモンスター効果等で対策すれば十分勝機はあります。

なので相手がマッチキルを狙ってきた場合

どうしようとうろたえたり、

相手のことを卑怯だと思わずに、

余裕を持って対処しちゃいましょう。

絶望的な孤独など 感じぬ!!

それでは今日はここまで。まったね(・∀・)