遊戯王プレイヤーの為の情報サイト!

遊戯王沖縄ピケル通信トップロゴ

かみ通告つうこくの使い方と対策

はいさい、こんにちは!!当サイト管理人のりょうです。(・∀・)

ブレイカーズ・オブ・シャドウで登場するカウンター罠

神の通告のテキストが判明したことで

ネットやツイッターなどでたくさんの遊戯王プレイヤーが

ざわざわしていますね。

私はあまり流行者のカードやデッキ等はあまり好きではないですが

たまには最新情報についても書いてみようと思います。

まだテキスト以外の使い方や対策を書いているところがないので

私なりのオリジナリティが出せればいいかなと思います。

まだ画像やテキストを確認していないプレイヤーも多いと思いますので

まずはそちらを確認していきましょう。

神の通告画像・カードテキスト

神の通告

カウンター罠

(1):1500LPを払って以下の効果を発動できる。

●モンスターの効果が発動した時に発動できる。

その発動を無効にし破壊する。

●自分または相手がモンスターを特殊召喚する際に発動できる。

その特殊召喚を無効にし、そのモンスターを破壊する。

効果についての解説

カードテキストを見ただけで効果をすぐに把握できるプレイヤーさんは

次の項目まで飛ばしちゃって下さいね。^^

きちんと確認したいプレイヤーさんはお付き合い下さい。

カード名

まずカード名は「神の通告」です。

これは現制限カードである《神の宣告》《神の警告》と同じ

「神の〜」というシリーズであることを指すカード名であり

遊技王プレーヤーの期待値を上げている一因でもあります。

(《神の忠告》という期待に応えられていないカードもありますww)

カウンター罠

カードの種類としてはカウンター罠です。

カウンター罠ゆえに

  • ・スペルスピード3なのでカウンター罠以外にチェーンされない
  • ・対象をとらない効果
  • ・直前に組まれたチェーンに対してしか発動できない
  • ・特殊召喚そのものを無効にできる(特殊召喚したことにならない)
  • ・モンスター効果の発動そのものを無効にできる(効果が発動したことにならない)
  • ・ダメージステップ(ダメージ計算時)でも発動できる

といった特徴があります。

カウンター罠以外にチェーンされないのは大きなメリットで

発動できれば同じカウンター罠以外には無効にされないわけです。

(《魔轟神獣ユニコール》に無効にされることは内緒にしておこう・・・)

《神の通告》を無効化できるカウンター罠は多数ありますが

採用率の高いものは《神の宣告》くらいで、あとは採用率が低かったり

カテゴリー専用のカウンター罠がほとんどなので

無効化されることはほぼないと思います。

対象をとらない効果ということも同じく大きなメリットで

マジェスペクターのように

「相手の効果の対象にならない」モンスターや

《サイバー・フェニックス》のような

「モンスター1体を対象とする魔法・罠カードの効果を無効にする」モンスターにも

問題なく発動することができます。

逆に直前に組まれたチェーンに対してしか発動できないのはデメリットで

チェーンが同時に2つ以上積まれた場合

自分が無効にしたい効果を無効にできないということが起こります。

例えばモンスター効果、魔法効果、罠効果が3つ同時に発動したとして、

最後に積まれたチェーンが魔法効果・罠効果のどちらかだった場合

モンスター効果が発動されたにも関わらず

《神の通告》は発動すらできないということになります。

ただ、これは自分が《神の通告》使用する時のデメリットですので

逆に相手が《神の通告》を使用している場合には

これを上手く利用し、チェーンの組み方を工夫することで

相手の《神の通告》の発動を阻害することができます。

ライフコスト

次に発動コストの「1500LPを払って発動する」についてですが、

これについてはシチュエーション次第ですので

一概には言いにくいですね。

手札コストを払ったり自分のモンスターをリリースする必要がないというのは

枚数的なディスアドバンテージがないという点では優秀ですが、

ライフコストの関係で発動できずに腐る可能性も多いにあります。

使用するデッキの特徴を十分に考慮した上で採用を見極める必要があると思います。

モンスターの効果を無効にし破壊する。

モンスターの効果を無効化できるカードは

モンスター、魔法、罠問わず数多く存在します。

それぞれの長所・短所を十分に理解した上で

どのカードをデッキに採用するか決めましょう。

上記したようにカウンター罠である利点などで活かしましょう。

妨害カードについては過去記事にも書いていますので

そちらの記事も参考にしてみてください。

妨害カードを採用する時に考えること

モンスターの特殊召喚を無効にし、そのモンスターを破壊する。

こちらもモンスター効果を無効にする効果と同様に

他にも特殊召喚を阻害するカードはたくさんあります。

特殊召喚を無効にしているので蘇生制限を満たさないことや

誘発効果を発動させないことところで差別化したいですね。

《神の通告》の使い方

さて、ここから《神の通告》の使い方を考察していきます。

まずはやはりシンプルに除去ガジェットやラギアのような

罠カードを使用する除去デッキでの採用ですね。

特にラギアでは《エヴォルカイザー・ラギア》の効果で

《神の通告》《ハーピィの羽根帚》《サイクロン》による破壊から守り、

《エヴォルカイザー・ラギア》の苦手なリバースモンスターや

手札誘発のモンスター効果を《神の通告》で無効にすることができます。

相手がクラウンブレードフルモンなどの

魔法・罠よりもモンスター効果が重視のデッキのデッキが相手ならば

《エヴォルカイザー・ドルカ》をエクシーズ召喚して

とことんモンスター効果を妨害するのもありだと思います。

私が公開しているデッキの中だとサイキックが相性がいいと思います。

効果でライフを回復できるので他のデッキに比べて

ライフコストを気にしないでいいですし、

腐る可能性も軽減できると思います。

また簡単に《ナチュル・ビースト》をシンクロ召喚できるので

魔法カードの発動を《ナチュル・ビースト》で妨害して

モンスター効果の発動と

《ナチュル・ビースト》より攻撃力の高いモンスターの特殊召喚を

《神の通告》で無効にすることができます。

効果破壊されずライフを回復できる《アルティメットサイキッカー》

同じくライフを回復できサイキック族モンスター1体を対象にする

魔法・罠カードを無効化できる《メンタルスフィア・デーモン》とも

相性がいいと思います。

当然ですが、カウンター罠がデッキの軸となる

《冥王竜ヴァンダルギオン》《豊穣のアルテミス》を中心としたデッキにおいては

3積みでもいいと思いますよ。

あとはナチュルとか^^

《神の通告》の対策方法

しばらくは《神の通告》が流行するかもしれないので

先に対策方法も考察しておこうと思います。

対策と言ってもたった3枚のカードの為に無理に

大きくデッキ構築を変える必要はないと思います。

無理のない範囲でデッキ構築を見直すのはいいと思いますが

なるべくならプレイングでどうにかしていきたいですね。

プレイング

《神の通告》に限らず罠カードは

「撃たれるのではなく撃たせる」プレイングを心がけることが大切です。

《神の通告》は基本的には単体除去ですので

能動的に1対1交換にさせるプレイングを心がけましょう。

1対1交換をさせた後はカードを惜しみなく使用して

モンスターを大量展開し攻撃します。

《神の通告》はライフコストが重たいので

早めにライフポイントを削ることが1番の対策になります。

だからと言って《神の通告》の為だけに《成金ゴブリン》を抜くといった

後ろ向きな考えはしないようにしましょう。

基本的に遊技王は相手に合わせるのではなく

自分の構築プレイングを突き詰めたほうがいいと思うので!

また、2枚以上のカードを使用して特殊召喚する

エクシーズモンスターやシンクロモンスターが無効化されると

ディスアドバンテージになってしまうこともあるので、

下級モンスターだけで戦えるフィールド状況の時には

無理にシンクロ召喚やエクシーズ召喚をしないというのも

ひとつの手段だと思います。

それと、上記したようにチェーンを積む順番を考えることは

《神の通告》を相手の思い通りに発動させないための

テクニックですので覚えておきましょう。

デッキ構築

これも上記しましたが、たった3枚のカードの為に

無理にデッキ構築を変える必要はないと思います。

もし構築を変更して対策するのであれば

使用している単体除去を《破壊輪》に変更するとか

《聖なるバリア -ミラーフォース-》

《業炎のバリア -ファイヤー・フォース-》に変えるぐらいでいいと思います。

マッチ2戦目以降でも《神の通告》を入れたままにするプレイヤーが

いるかどうかはわからないですが、私の場合なぜかサイドデッキ

《神の通告》に有効そうなカードを採用していることが多いんですよねww

永続の魔法・罠への対策としてよく採用している

《妖精の風》《魔法効果の矢》はどちらもバーンダメージ付きですし

モンスター除去として採用している《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》

《時械神メタイオン》も偶然にもバーンダメージ持ちですね。

私は《魔導戦士ブレイカー》《ライトロード・マジシャン ライラ》

よく採用しているので、《神の通告》を使わせるプレイングも

そう難しくないと思います。

どのデッキでもほぼノートラップの私は《王宮のお触ふれ》の採用率も高いですし。

まとめ

《神の警告》が出た時もそうだったんですが、

正直、私としては《神の通告》をそこまで警戒する必要はないと思うんですよね。

どんなにプレイングが上手くてマストカウンターを熟知しているプレイヤーでも

これ1枚で戦況を大きく有利にすることは難しいと思いますし、

ライフポイントが少ない状態や劣勢時にドローしても

ただの紙切れになってしまいます。

デッキや戦術にもよりますが、基本的に私は遊技王において

「強いデッキは事故率の低いデッキ」

「相手を止めることより自分のデッキを回転させることを重視したほうが良い」

という考え方を持っています。

ですので事故率も高く、デッキの回転力も低くなる

《神の通告》がどんなデッキにでも採用されるかというと

絶対にそんなことはないと思います。

私としては上記したように除去デッキやパーミションデッキなど

相手を妨害することをテーマにしているデッキで採用して

使っていきたいと考えていますよ。

それでは今日はここまで。まったね(・∀・)