遊戯王プレイヤーの為の情報サイト!

遊戯王沖縄ピケル通信トップロゴ

成金なりきんゴブリン最強説!3積みのススメ

はいさい、こんにちは!!遊戯王沖縄ピケル通信管理人のりょうです。(・∀・)

みなさん《成金ゴブリン》使ってますか?

今回は私が遊戯王のメインデッキに1番採用している

《成金ゴブリン》の考察をしていきます。

この記事を読んだ人の勝率を少しでもあげられるよう

できるだけわかりやすく書いていこうと思います。

成金ゴブリン画像・カードテキスト

成金ゴブリン

通常魔法

自分のデッキからカードを1枚ドローする。

その後、相手は1000ライフポイント回復する。

成金ゴブリンカード考察

私はガチ・ネタを含めて数多くのデッキを所有していますが、

そのほとんどのデッキに《成金ゴブリン》を3積みしています。

というかデッキ構築をする時はどんなデッキでも
1番最初に《成金ゴブリン》を3積み
するところから始めます。

(その上で、《成金ゴブリン》が不必要なデッキだと考えた場合には抜きますが)

1部のデッキ(フルモン、フルトラップ、バーン系)や

「8000ライフポイント」を削りきれる手段のあるデッキ等にも

入れていませんが、(結構いれてないデッキありますねww)

それら以外のデッキにはほぼ3積み確定のとても優秀なカードだと思っています。

未だに3枚入れれて本当にいいのか、

なぜ禁止にならないのかと疑問に思うほど壊れカード

だと思っています。

(以前は制限かかってたみたいですね)

遊戯王において強いカードは

  • ・ドロー
  • ・サーチ
  • ・デッキから特殊召喚
  • ・デッキから墓地に送る
  • ・デッキから除外する

という効果をもったカードが多いことは

リミットレギュレーションをみていただければ

わかると思います

(《強欲な壺》 《六武の門》 《魔導書の神判》
《おろかな埋葬》 《封印の黄金櫃》等)

絶対に間違いねえ!

それらにはデッキ圧縮ができるという共通点があります。

成金ゴブリンは《強欲な壺》のようにアドバンテージを稼げる

ドローカードではないですが、

発動条件もなく、どのデッキでも採用することができて
デッキを3枚圧縮することができます。

ここで少し思い返してほしいのですが、

それぞれのデッキにはキーカードがあると思いますが、

それらのキーカードを引けず、何もできず負けてしまったことは

ないでしょうか?

例えば、ジャンドであれば《ジャンク・シンクロン》

《ドッペル・ウォリアー》を引けずに

考えていた動きができなかったとか、

アルカナフォースXXI-THE WORLDであれば

《光の結界》引けず効果が発動できなかったといったことが

必ずあると思います。

デッキ構築の上手な人はキーカードを引けなくても戦えるように

しっかりと構築されていると思いますが、それでも

キーカードを引けない時より
キーカードを引けた時のほうが
デッキの回転がいい
ことは明らかだと思います。

キーカードを1枚引くだけでデッキが回り始めることもあるので、

キーカードを引く確率を上げられる《成金ゴブリン》

相手のライフポイントを1000回復させてでも採用する価値があると思います。

だといいがな。フフフ・・・。

むしろ、いつも不思議に思うのは、みなさん

特殊な勝利方法を狙うデッキには当然のように3積みされているのに、

何故皆さん通常のビートダウンデッキに《成金ゴブリン》

採用しようと思わないのでしょうか?

恐らくビートダウンデッキで相手のライフポイントを回復させると

相手を倒しきれなくなると考えているからだと思いますが、

これについては断言できます!

そんなことはありません。むしろ逆です。

《ソウル・チャージ》 《簡易融合》 《メンタルマスター》 《次元融合》

といったライフコストを必要とするカードが多くのプレイヤーに使用されて

リミットレギュレーションに指定されているのは

遊戯王はライフコストを払ってでもフィールドを制圧したほうが圧倒的に有利

だからです。

バトルフェイズを行えなくなる《ソウル・チャージ》の採用率が高いことが

なによりの証拠だと思います。

バトルフェイズを行えなくなるなろうが、

1ターンで相手ライフを削りきれなくなろうが、

フィールドさえ制圧すればほぼ間違いなく勝利することができます。

私の中で強いデッキとは「事故率の低いデッキ」だと考えていますので

《成金ゴブリン》はデッキの事故率を軽減できる最高のカードだと思います。

すべて計算どおり!

私の魔轟神ジャンドでは《チキンレース》と一緒に採用し

ドローと圧縮を行っていますよ。

《チキンレース》と併用する場合は次の記事も参考にしてください。

私的にメインデッキにおいては

です。

制限・準制限カードよりも優先することもよくあります。

何だって!本当なのか?

これについては

サイクロン3枚サイドデッキ必須論!

妨害カードを採用する時に考えること

の記事を参考にしてください。

エキストラデュエルについて

ここまで《成金ゴブリン》の使いやすさを書いてきましたが、相手によって

《成金ゴブリン》を抜いたほうがいい場合もあります。

相手が高いライフコストを払うカードを多数採用している場合や

アロマ等の回復をトリガーとするデッキの場合です。

特に気をつけなければいけないのがエキストラデュエルです。

お互いに攻め手がなくデュエルが膠着した場合や

相手がビートダウンではなく《レインボー・ライフ》等の

ライフゲインカードを使用して勝利を狙った場合

《成金ゴブリン》のライフゲインによってデュエルに敗北する可能性があります。

マッチ戦で《成金ゴブリン》を採用している場合は

残り時間もしっかり考慮してサイドチェンジを考えましょう。

まとめ

《成金ゴブリン》いずれ必ず禁止カードに指定されると思いますが、

今はまだ使い放題なので使えるうちに使っちゃいましょう。

きっと驚くほど勝率があがると思いますよ。

それにしても相手にライフポイントを与えて勝つなんてカッコいいですね。

お金持ちの余裕が感じられます。

やっぱり世の中お金なんでしょうかねぇww

本当笑っちまう。

それでは今日はここまで。まったね(・∀・)