遊戯王プレイヤーの為の情報サイト!

遊戯王沖縄ピケル通信トップロゴ

エレキック・ファイターはデッキに1枚で強い

はいさい、こんにちは!!遊戯王沖縄ピケル通信管理人のりょうです。(・∀・)

今回は私が特に気に入ってよく使用している

エレキック・ファイターについて考察します。

サイキックデッキを使用したことがない人には

エレキック・ファイターがよくわからないという方も

多いと思いますが、サイキックデッキに新たな勝ち筋を作ったカードであり、

カード単体でも十分に強いカードなので

知っておいて損はないカードだと思います。

後述しますが、デッキからのサーチや特殊召喚がしやすいので

デッキに1枚いれているだけでいつでもフィールドに出すことができますし、

適切なタイミングで効果を使用すれば、

そのままデュエルに勝利できる程強力な効果です。

どれぐらい強いかと言うと、

効果が強力すぎて使いすぎると対戦相手に露骨に嫌な顔をされます。

それぐらい強いカードですが、友達をなくすかもしれないので

使い過ぎには注意ですねww

ハハハハハッ!強すぎるってのも困ったもんだよな。

サイキック族、光属性、エレキはもちろん

どんなデッキでも相手のギミックを遅らせたり、使い方次第では

「とどめの一手」として使用することができますので、

色んなデッキで使ってみてほしいと思います。

エレキック・ファイター画像・カードテキスト

エレキック・ファイター

効果モンスター

星3/光属性/サイキック族/攻1500/守 300

「エレキック・ファイター」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、

相手の墓地のカード1枚を対象として発動できる。

そのカードを相手のデッキの一番上または一番下に戻す。

サーチ・特殊召喚

わかる方にはすぐわかると思いますが、

素晴らしい効果とステータスですね!

まずはレベル3としては高い1500という攻撃力!

攻撃力1500という数値は《シャインエンジェル》からの特殊召喚や

《クリッター》(現在禁止カード)のサーチに対応する最高攻撃力です!

そして1番の長所であるレベル3サイキック族モンスターであること!

《緊急テレポート》《マックス・テレポーター》の効果で

すぐにデッキから特殊召喚することができます。

もちろん墓地や除外ゾーンに行った後も

サイキック族のサポートカードを使用して簡単に

蘇生、帰還、サルベージすることができます。

光属性なので《オネスト》のサポートを受けることができ、

《シャインエンジェル》から特殊召喚することができます。

名前にエレキが入っているのでエレキのサポートを受けることもできます。

《エレキトンボ》の効果で特殊召喚、

《エレキングコブラ》でのサーチに対応しています。

このように、デッキからのサーチや特殊召喚が容易なので

デッキに1枚入れていればいつでも引っ張ってこれるので

いろんなデッキで採用しやすくとても便利です!

なんだかうらやましいぜ!

効果について

ここから効果について考察していきます。

もう1度効果テキストを確認しましょう。

「エレキック・ファイター」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、

相手の墓地のカード1枚を対象として発動できる。

そのカードを相手のデッキの一番上または一番下に戻す。

最初のテキストに「エレキック・ファイター」の効果は

1ターンに1度しか使用できないとあるので、

1度フィールドから離したり2枚目の同名カードを出しても

1ターンに1度しか効果は使用できません。

2回以上効果を使用したいのであれば相手ターンや

次の自分のターンにフィールドに出す必要がありますが、

ほとんどの場合1度効果を使用できれば十分ですので、

効果を2回使用することはあまりないと思います。

《エレキック・ファイター》をデッキに1枚しか採用しない理由のひとつに

この1ターンに1度しか使用できない効果にあります。

《エレキック・ファイター》の短所のひとつですね。

次に《エレキック・ファイター》の効果の長所として

召喚・特殊召喚にどちらに成功した時でも効果を発動することができます。

上記した通り《エレキック・ファイター》はサーチ・特殊召喚が容易なので、

簡単に効果を発動することができます。

そして相手の墓地のカード1枚を対象として

そのカードを相手のデッキの一番上または一番下に戻す効果

相手の墓地のカード1枚であればモンスター・魔法・罠を問わず

デッキに戻すことができます。

単純に使用する場合は相手の墓地に対するメタカードとして

《D.D.クロウ》のような使い方になります。

その場合、基本的には相手デッキのキーカードとなるモンスターを戻したり、

採用率の高い《超電磁タートル》《H・Cサウザンド・ブレード》等を

戻せればアドバンテージを稼げるのではないでしょうか!

悪いが今のオレはそんな生ぬるい手は使わない。

それでもいいのですが、このカードの最大の長所を活かすならば

相手の不要カードをデッキトップに戻す

所謂「ドローロック」という使い方を

活用していくことになります。

ドローロックの効果的な使い方

《風帝ライザー》が制限カードになったことからもわかるように、

ドローロックはとても凶悪な効果です。

相手のドローを操作できるということは

相手のデッキギミックを大きく遅らせることができ、

自分が有利な状況においては相手の逆転の目をつむことができ

この効果がそのまま勝負の決め手になります。

ドローロックを狙う時に重要なのは今相手がドローしても役に立たないカードを

しっかり見極めるということです。

例えばですが、手札に来ても出すことができない上級モンスターや

単体では役に立たないカード。

相手がモンスターをドローできていないようなら

魔法・罠を戻せば相手は次のターンも

モンスターを展開できないことになります。

相手の手札がない状態なら手札コストの必要なカードや

《手札抹殺》《闇の誘惑》も腐らせることができますし、

相手の墓地次第では《貪欲な壺》《ソウル・チャージ》を戻してもいいです。

《簡易融合》もほとんどの場合2枚目の《旧神ノーデン》

採用していないと思うので狙い目だと思います。

相手のデッキの回転を悪くしたいのなら

妨害カードを戻してあげるのがシンプルで簡単です

もっと能動的に使用する場合は

自分が魔法・罠ゾーンにカードを置かない時に

《サイクロン》《ハーピィの羽根帚》を戻したり

既に自分フィールドにモンスターを並べられているのであれば

召喚反応型の罠を戻したりするといいと思います。

要は自分に対して効果のないカードをドローさせれば

相手の次のターンを無駄にすることが出来るというわけです。

こうして考えるとドローロックは使い方次第では

ターンスキップと同じぐらい強力ということになりますね

俺はお前が悶え苦しむ姿をたっぷり拝みたいのよ!

デッキ構築について

先述しましたが、基本的にはデッキに1枚採用し

1度効果を使用できれば十分だと思います。

自然にデッキに採用できる

サイキック・光属性・エレキ等はいいとして、

それ以外のデッキで採用する場合には基本的に

《緊急テレポート》と一緒に採用することになると思います。

《緊急テレポート》で特殊召喚し、ドローロックをしつつ

エクシーズ召喚、シンクロ召喚、リリース召喚等に

繋げる使い方が主になって来ると思います。

興味があればサイキック族デッキレシピのデッキレシピも参考にしてみて下さい。

きっとよからぬことを企んでいますわね。

それでは今日はここまで。まったね(・∀・)