遊戯王プレイヤーの為の情報サイト!

遊戯王沖縄ピケル通信トップロゴ

ジャンド(ジャンクドッペル)

はいさい、こんにちは!!遊戯王沖縄ピケル通信管理人のりょうです。(・∀・)

今回はジャンド(ジャンクドッペル)です。

遊戯王のおいては人気が高く自由度の高いデッキですね。

私は普段ジャンドを使用していないですが、

今回は友達にお願いされて構築しているので

テンプレ構築と違うところもあると思いますが、

逆にそこを参考にというか楽しんでいただけると幸いです。

見所は新規カードの《チキンレース》

《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》のコンボです!

ジャンド関係ないじゃんとか言わないでww

さぁよからぬことを始めようじゃないか

デッキレシピ

2015年6月26日

デッキ枚数 40枚

モンスターカード 20枚

魔法カード 20枚

罠カード 0枚

エクストラデッキ 15枚

サイドデッキ 15枚

ジャンクドッペル

ジャンク・シンクロン画像・カードテキスト

ジャンク・シンクロン

チューナー・効果モンスター

星3/闇属性/戦士族/攻1300/守 500

(1):このカードが召喚に成功した時、

自分の墓地のレベル2以下のモンスター1体を対象として発動できる。

そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。

ドッペル・ウォリアー画像・カードテキスト

ドッペル・ウォリアー

効果モンスター

星2/闇属性/戦士族/攻 800/守 800

(1):自分の墓地のモンスターが特殊召喚に成功した時に発動できる。

このカードを手札から特殊召喚する。

(2):このカードがS素材として墓地へ送られた場合に発動できる。

自分フィールドに「ドッペル・トークン」(戦士族・闇・星1・攻/守400)2体を攻撃表示で特殊召喚する。

ジャンドプレイング動画

デッキ詳細・解説を読む前に

動画を観るとイメージがわきやすいと思いますので、

まずはこちらをご覧ください。

1戦目

1戦目は《ジャンク・シンクロン》《ドッペル・ウォリアー》からの動きです。

《アクセル・シンクロン》を経由することで

《TG ハイパー・ライブラリアン》《フォーミュラ・シンクロン》

並べることができます。

これがジャンドの基本的な動きですので是非覚えてください。

2枚ドローして更なる展開を目指します。

2戦目

2戦目は《ジャンク・シンクロン》《ドッペル・ウォリアー》

《クイック・シンクロン》《レベル・スティーラー》

絡めた動きです。

《TG ハイパー・ライブラリアン》のシンクロ召喚後に

《ロード・ウォリアー》《フォーミュラ・シンクロン》

《氷結界の龍 トリシューラ》《フォーミュラ・シンクロン》

《スターダスト・ウォリアー》までが一連の流れになります。

この動きで7枚ドローと相手手札(+フィールドと墓地のカード)を1枚除外した後に

特殊召喚を無効にできる《スターダスト・ウォリアー》を並べられます。

かなり強力ですので是非覚えてください。

3戦目

3戦目は《ジャンク・シンクロン》《ドッペル・ウォリアー》

《クイック・シンクロン》とレベル1チューナーを絡めた

展開パターンになります。

《TG ハイパー・ライブラリアン》のシンクロ召喚後に

《フォーミュラ・シンクロン》《ジャンク・ガードナー》までが

一連の流れになります。3枚ドローから更なる展開を狙います。

こちらも非常に使用頻度の高い展開パターンですので、

しっかりと覚えてほしいと思います。

4戦目

4戦目は《クイック・シンクロン》《レベル・スティーラー》

《デビル・フランケン》を絡めた

展開パターンです。

《ナチュル・エクストリオ》《ロード・ウォリアー》

《フォーミュラ・シンクロン》

《氷結界の龍 トリシューラ》《フォーミュラ・シンクロン》

《スターダスト・ウォリアー》までが一連の流れになります。

こちらは2枚ドローと相手手札(+フィールドと墓地のカード)を1枚除外して

《ナチュル・エクストリオ》《スターダスト・ウォリアー》を並べられます。

魔法・罠を止めれて特殊召喚も1度止めれます。

私は事故率を考慮して《デビル・フランケン》を1枚しか入れていないので

あまり使用頻度の高くないパターンですが、

強力なパターンなので頭の片隅にはいれていてほしいです。

5戦目

5戦目は結構忘れられがちな《フォーミュラ・シンクロン》

相手ターンにシンクロ召喚できる効果を使用したものです。

《ナチュル・エクストリオ》で魔法・罠を止め、

相手が召喚権を使用したタイミングで《氷結界の龍 トリシューラ》を出すことにより

相手フィールドと手札(+墓地)を除外し、展開を阻止しています。

《フォーミュラ・シンクロン》《氷結界の龍 トリシューラ》

1番効果的な使い方だと思います。

残りのデュエルはおまけです(笑)

ドローしたカードによってその後の展開を柔軟にプレイする

必要があるので、いろいろ参考にしてみてください。

デッキ詳細・解説

主な展開パターンについては説明したので、

ここからはジャンドを構築・使用する際の心構えについて

私個人の見解を述べたいと思います。

まずはジャンドというデッキですが、

このデッキのモンスター単体は非常に弱く

シンプルにビートダウンしていては

パワーカードをたくさん採用しているデッキには絶対に勝てません。

このデッキの売りはやはり絶え間なくドローと特殊召喚を

繰り返していくデッキ回転力にあると思います。

なので、相手を妨害するカードを一切排除し

デッキを回すことだけに特化した構築になっています。

もちろん《サイクロン》も入っていません。

それらの理由については

の記事も参考にしてください。

《ハーピィの羽根帚》《ブラックホール》

正直抜きたいのですが、この2枚に関しては

最低限いれてていいかなと思いますし、

マッチ戦からでは遅いかなと考えて採用しています。

えっ・・・あぁ・・・。

ジャンドをプレイングすることで大切にしてほしいのは、

とにかくデッキを回すことです。

そのために必要なことは

  • デッキを圧縮する
  • ドローする
  • 特殊召喚する

この3点です。

相手に先に妨害カードやメタモンスターをたてられたら

展開が難しくなりますので、

とにかく展開してください。

途中で展開が止まりそうな手札でも

とにかく展開します。

《TG ハイパー・ライブラリアン》がいる時や

《チキンレース》《フォーミュラ・シンクロン》

効果が発動できる時はとりあえず

ドローして考えてください。

どのカードを引いてもガンガン展開できるように構築していますので、

迷ったらとりあえず回してください。

そして、私が1番みんなに主張しておきたいのが、

《シューティング・クェーサー・ドラゴン》

《氷結界の龍 トリシューラ》を1体出しただけで

勝てるとは絶対に思わないでください。

えっ・・・えぇっ!?え?

例えば《TG ハイパー・ライブラリアン》を素材に

《シューティング・クェーサー・ドラゴン》をシンクロ召喚して

展開が止まるぐらいなら、《TG ハイパー・ライブラリアン》

残したままで他のシンクロモンスターを

展開していってください。

《氷結界の龍 トリシューラ》も同様です。

先攻1ターン目においては相手の手札を

1枚除外するだけの効果です。

返しのターンに除去カード1枚で突破されます。

もちろんこれらのモンスターをシンクロ召喚した後に

更に展開できるのであれば問題ないですが、

大型シンクロモンスターを1体シンクロ召喚しただけでは

現環境では簡単に突破されてしまいます。

できるだけ

のうち3体以上は並べるぐらいの気持ちで展開してください。

数体並べることで強固なフィールドになります。

俺はお前が悶え苦しむ姿をたっぷり拝みたいのよ!

次に採用カードですが、

今回の採用カードで珍しいのは

《異次元の精霊》ぐらいでしょうか。

特殊召喚できるレベル1モンスターで、《TG ハイパー・ライブラリアン》

最大のデッキエンジンになっているジャンドにおいては

細かくシンクロ召喚していって

特殊召喚するシンクロモンスターのレベルを

あげていくのがベストなので、

ジャンドにはとてもマッチしているカードだと思います。

埋まったフィールドをあけられるのも結構使えて便利です。

《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》は展開力の強化と

《チキンレース》併用することで

サーチ・ライフ回復も行えます。

《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》がいるから

大量展開あとに《ナチュル・エクストリオ》

特殊召喚することができます。

《デビル・フランケン》

大型シンクロモンスターを並べた後に

最後のフタをするための採用なので1枚です。

くれぐれもこのカードに頼り切らないようにお願いします。

そして1番おすすめのシンクロモンスターは

《クリアウィング・シンクロ・ドラゴン》です。

他のシンクロモンスターとこのカードを並べただけで

かなりの安定感があります。

《成金ゴブリン》《チキンレース》

このデッキの回転力を最大限に発揮するための必須カードだと思っています。

今回は《チキンレース》

最大限に活かすこともテーマになっています

《成金ゴブリン》《チキンレース》の採用理由については

成金ゴブリン最強説!3積みのススメ

チキンレースとは!意味と使い方を考えるをお読みください。

このジャンドの構築を気に入られた方や

ガンガン展開していくのが好きな方には

魔轟神デッキ回し方もおすすめですので

是非みてみてください。

じゃあな。

それでは今日はここまで。まったね(・∀・)